石に願いを込める - パワーストーンの効果

パワーストーンの物質的効果

90%OFF!天然石 パワーストーン/ブレスレット/ブラックルチル

パワーストーンの物理的効果を考えて見ましょう。パワーストーンを物として使用する場合、そのファッション性やインテリア性が注目されます。パーティードレスや礼服に合わせた装飾品、コーディネートカラーとしても多彩なパワーストーンはどんな洋服にも合わせることが出来るでしょう。

 

また、パワーストーンをつけるだけで、アクセントとしても活用できます。たとえば首、腰などのくびれが目立つ体の部位に宝石として身につけることにより、他の部位よりも引き締まって見える、視覚効果を生み出すことが出来ます。

 

耳に付けるイヤリングやピアスも、パワーストーンの大きさによっては、小顔に見せることができたり、パワーストーンのカラーによって表情に明るさを出すなどの効果も期待できます。パワーストーンと聞けば神秘的な部分に魅かれがちですが、宝石としての物質効果も高いことを考慮してみることが大切です。

パワーストーンの精神的効果

精神的、心理的効果を生む道具としてのパワーストーンの効果は絶大です。心の高揚、癒し、集中力の引き出しと持続など、セラピーとして利用される場面も多いですね。今、ちまたで流行している「スピリチュアル」という精神論においても、パワーストーンは人の能力を引き上げる効果があると話題で、いかに人々がパワーストーンから得られる効果を求めているかがうかがえます。

 

また、身につけるだけの精神効果とはまた別に、パワーストーンをインテリアとして活用することによって、安定した空間を保つ効果を見出す「風水」という考え方も存在します。パワーストーンが持つ気の力によって、空間とそこに住み暮らす人間のパワーも高める効果がもたらされるというものです。

パワーストーンの効果

装飾品など、パワーストーンを身につける機会が増え、入手も昔よりたやすくなっていますが、パワーストーンにはどのような効果があるのでしょう。パワーストーンと一言であらわしても、その石の種類は覚えきれないくらい存在しています。

 

パワーストーンから得られる効果として、どの石にも共通していることがメンタル面への影響。パワーストーンを身につけることによって、より自分を高めたい、道を開きたいという大きな心の力が、願いの効果となって現れているのではないかと、心理学者は話をしています。ただ、鉱物としての、物質的な影響力がまるでないというわけでもなさそうです。