石に願いを込める - パワーストーンのラピスラズリ

パワーストーンのラピスラズリとは

限定品ビーズ  ラピスラズリ 6ミリ/1粒 

ラピスラズリはパワーストーンとして昔からとても有名ですね。深い藍色を持つ天然石であるラピスラズリは、パワーストーンの中では珍しく、ラテン語とペルシャ語の2ヶ国語の混ざった言葉が語源。エジプト、中国、インドなどでは、紀元前から重宝されてきた、とても力のあるパワーストーンなのです。

 

金色や白い鉱石を含んでいる場合もありますが、青い部分がラピスラズリです。陰湿な気を嫌うパワーストーンのため、薄暗い場所や、陰の気を属性に持つ水を嫌うといわれています。ラピスラズリは、「支配者の石」という俗語、俗称を持っているくらい表にでると言われているパワーストーンで、いかに力の強いパワーストーンであるということがうかがい知ることが出来ます。

 

そして不思議なことに、たびたび色も変わります。激変とまではいかないのですが、所有者に危険が近づいてきていたり、不幸が訪れる前触れとして黒ずんだりします。また、危険が回避できた後はきれいで透き通った深い海のような色合いに戻るのです。ラピスラズリはパワーストーンの中でも特に神秘に満ちた石のようです。

天然石ラピスラズリの効果

後ろ向きな気持ちを排除し、周りからの障害、魔の退散、危険回避など、あらゆる厄災をしりぞけると伝えられています。日光浴、月光浴など、光を吸収させることができれば、パワーストーンとしてラピスラズリの力を最大限に生かすことができるでしょう。

 

しかし、パワーストーンとしても郡を抜く影響力の強さで、周りの環境はおろか、自分自身の心の闇をも強制的に排除しようとする、排他的な力が働いてしまい、負の側面も大きいパワーストーンです。身につける際には、どのパワーストーンよりも慎重に選ぶ必要があります。ですが、心の闇が取り除かれたとき、真の強さを手に入れられるとして、試練を与える成長を促すとして好んで身につける愛好者もたくさんいます。

ラピスラズリのアクセサリーと浄化

パワーストーンとしてラピスラズリを身につける場合、小さなサイズの石から段階を踏んで所持してみてはいかがでしょうか。ラピスラズリを身につけることによって、パワーストーンの影響を受けすぎ、逆に後ろ向きになってしまったり、体調が優れないということが起こる場合があるからです。

 

身につけるサイズとしては、ヘアピン、ピアスやイヤリングなど、小さめのアクセサリーで、日光によく当たる部位が望ましいでしょう。ブレスレットとして腕につける場合は、水を扱うときには極力外したほうが、パワーストーンとしての力が弱まることを回避できます。どうしてもラピスラズリは自分とは合わないと感じたり、不幸が訪れているような気になった時は、一度身体からはずし、浄化作業を行ってみましょう。