石に願いを込める - 天然石のパワーストーン

天然石パワーストーンの意味

ラリマー・丸玉 約19mm /天然石/パワーストーン/天然石丸玉/ヒーリング/新宿銀の蔵

地球の一部である、地面や貝、樹木からとり出された天然石であるパワーストーンは、様々な効果をもたらしていると考えられています。パワーストーンを身につけていたり、信仰していたりすると宗教的であるという意味にとらえる方も少なくありませんよね。

 

パワーストーンとしての天然石の中でも、突出して有名な水晶。このパワーストーンのイメージと意味が宗教、あるいは信仰を連想させるためだと推測できますが、もともとが地面から取り出した天然石ですので、パワーストーン=宗教や信仰の対象と結び付けてしまうのは考え物です。

 

実際、若い人はパワーストーンを神秘の石や信仰対象としてではなく、自分を魅せる為の道具の一部に過ぎないという考え方が大半です。また天然石のパワーストーンを科学的な面から分析し、種類によって、石から発せられている小さな波動が少しずつ異なっていることも解明されつつあるようです。

天然石と人工石

パワーストーンは全てが天然石であると思われがちですが、そうではありません。店舗や通信販売で流通している石のほとんどが天然石なのですが、一部人工石のものを扱っているお店もあるようです。そもそも天然石のパワーストーンは、地球から生み出された原石をそのまま磨いたり、削ったりして販売され、流通しています。

 

それに対して人工石のパワーストーンは、天然石のパワーストーンを科学的に分析し、天然石が出来上がる環境を人工的に生み出した上で、生成した石のことを指します。天然石のパワーストーンと人工石のパワーストーンの違いは、生成されたスピードの違いだけです。パワーストーンの成分は100%とまではいきませんが、人工石としても完全に同一のものですので、その効果や作用に違いは出ないのです。

 

ただし、注意したいのは、人工石と銘打った模造品があること。パワーストーンの職人さんの間では、人造石といい、天然石や人造石とはまったく異なった石に着色を施したり、天然石を何%か取り入れた合成術を施して、模造品として販売している場合もあるようです。

天然石パワーストーンの購入

国内で販売されているパワーストーンはそのほとんどが天然石のようです。購入するお店にもよりますが、天然石であると言うパワーストーンの鑑定書、品質保証書を付けてくれる所もありますので、購入前に店舗に問い合わせて見るのがよいでしょう。

 

また、天然石であるパワーストーンは自然界で生成されているので、同種類のパワーストーンでも若干色合いが異なったり、柄や模様が異なるなど、同じ石でもまったく違う表情をもっているものです。そこは天然石の特性ですので、天然石のパワーストーンは同種でも見た目が異なる石であると言うことを覚えておきましょう。

 

現代では、アクセサリーに限らず、書類に多く用いられる印鑑や文鎮など、一風変わったパワーストーンのアイテムもあります。天然石を使用したパワーストーンを購入するアイテムの形も色々比較してみましょう。