石に願いを込める - パワーストーンの選び方

手作りパワーストーンと既製品の選び方

天然石ビーズ ソーダーライト 6mm玉

パワーストーンの効果を十分に発揮させるための選び方として、一番重要なのは、パワーストーンとして気にいるかどうかではないでしょうか。効果が高いといわれたパワーストーンを、人から勧められるがままに購入してしまったとして、はたして長く使い続けるでしょうか。

 

きっと、途中で飽きてしまうか、パワーストーンが信用できなくなってしまいます。それならば、やはり自らが選んだパワーストーンを身につけたほうがよいでしょう。インターネットの通信販売では、形状が決まっているため、既製品として安くパワーストーンを手に入れることが容易にできます。

 

パワーストーン 高級ルチルクォーツビーズ10mm/1粒

カタログや店頭で気に入ったものでもよいでしょう。特に通信販売で購入する時は、広告に流されず、自分に合ったパワーストーンを丹精込めて作成して貰えるかどうかという、販売側の姿勢を考慮することもパワーストーンによって運気を引き寄せられるかどうかを決め手だということを忘れないようにしましょう。

 

また、自分が気にいったと思えるパワーストーンアイテムが見つからなかった場合は、パワーストーンだけを店頭や通信販売で購入し、自分の好きなアクセサリーや小物に組み立ててしまってもよいのではないでしょうか。

 

作成に必要なワイヤーやピンセット、留め具など、100円ショップにも取り扱われていますし、製作している間に、その人の思いや念が込められるので、完成後の効能が十分に発揮されることが期待できます。これもパワーストーンのひとつの選び方だと思います。

幸運を呼ぶパワーストーンの選び方

幸運を呼ぶパワーストーンの選び方の基準にはどういった事柄があげられるでしょうか。パワーストーンの効能と効果、ファッション性と機能性を重視した選び方、多くはこの二つが基準となるでしょう。パワーストーンの効果を考えて選ぶときには、パワーストーンの種類、自分自身に適しているかどうかなどの選び方に重点をおきますね。

 

パワーストーンの種類の中にも、自分が望んだり、願いたい効能が似たような石が存在しています。まずは手にとって、インスピレーションや、直観力といった、自分の心が求めるパワーストーンを選ぶとほぼ間違いは無いでしょう。逆に、パワーストーンの効能としてみた選び方としては不満でも、色やツヤなど、外観を気に入って使用する場合もあるでしょう。

 

そういったケースでも、気に入っているという正の感情がパワーストーンへ伝わり、結果的によい方向へ導いてくれることもありますので、間違った選び方とはいえません。幸運をつかむには、自分の直観力をまず信じてみることです。

ジュエリーとしての選び方

ファッション性を重視したジュエリーとしてパワーストーンの選び方は、第一に、身につけたい部位にパワーストーンを持っていって合わせてみることです。その場で身につけている衣装にも左右されやすいですが、たいていは自分の顔色や好みから、雰囲気が読み取れるのではないでしょうか。

 

また、パワーストーンの大きさや、パワーストーンを組み込むためのアクセサリーの形状も大事になってきますね。ピアスやリングなどは小物ですので、選び方しだいでは状況に応じて取り外すこともできますが、ネックレス、チョーカー、ブレスレット、ベルトのバックルのアクセントなど、すこし大き目のパワーストーンを使用するのに、誤った選び方をしてしまった場合、気に入らなくて二度と身につけないという方が多いようです。せっかく選んで身につけるのですから、そのようなことがないようにしたいですね。